2017年12月26日

義母が他界いたしました。

こんばんは。
婚活エージェンシー島田です。

クリスマスイブ12月24日午前2時に義母が他界しました。享年91歳
24日2時に病院から「容態が急変しました」という電話が入って、すぐに駆けつけましたがすでに亡くなっていました。
9年も入院生活を送り、胃瘻で過ごした義母でした。一時は回復に向かい退院の希望も見えたのですが、ここ数か月は意識状態もあまりよくなく、力尽きたのだと思います。本当にお疲れさまでした。

義母が生きていてくれるだけで心強く、私のわがままで義母をこの世に引き留め続けたと思っています。感謝してもしきれない存在です。それでもその9年の間にひ孫を何人も見ることが出来て、笑顔の義母を何度も見ることが出来たので良かったのかなと、良かったと思ってくれているかなと。

2年前私の母が突然死した時にも、入院中の義母に報告した途端に涙が溢れました。私が本当に心を許している、甘えられる存在なのだと、私はお義母さんを頼りにしているんだなぁと実感したことを思い出します。今お葬式の準備で慌ただしくしていますが、義祖母、義父、実父、実母、そして義母、今まで送った人が4人、義母が5人目です。今回は今までに比べれば小さなお葬式で何となく力が入らず、今だ義母は病院から外出で戻ってきているだけのような気がして実感が湧かず少なからず放心状態なのかもしれません。

私が送った義祖母、義父、実父、実母、そしてこれから送る義母、共に心安らかで、一族すべてが仲が良く力を貸してくれる人達ばかりで、私は何て幸せなんだろうか。そう思います。淋しいけれど悲しいのではない。いつもその気持ちで送ってきました。出来る限りのことはすべて出来た。その思いが「淋しいけれど悲しいのではない」になるのではないかと思います。恵まれた人生の私です。

婚活エージェンシーは、なるべく通常通り業務を薦めていますが、考えることが沢山あって、色々なところに支障が出ていると思います。申し訳ありません。

家族とは素晴らしですね。

IMG_1274 (2).JPG
ラベル:家族 私事
posted by 株式会社SHIMADA at 01:54| 東京 ☀| 記事:島田彰子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド