2018年02月05日

【私事ですが】義母の事/遅くなりました新年の決意

こんばんは。

婚活エージェンシー島田です。
クリスマスイブに義母が亡くなり、12月28日通夜29日が告別式でした。やっと楽になれてやっと義父の元へと旅立った義母。
9年も入院していた義母ですから、なかなか実感もわきませんが、決して悲しい想いはありません。また一人私を上から支えてくれる人が増えたと感じます。

義母は良く働いた人でした。農家から農家へ嫁ぎ、三輪車で野菜を売り歩く日々を何十年と過ごした義母です。三輪車で野菜を売り歩く「売りや」をするのは最初は嫌で仕方がなかったそうです。それでも続けるうちに何よりもの楽しみになったと話していました。人の顔と名前を覚えるのがすごく得意で、計算も早くて、カラオケの歌を覚えるのも早くて、いつも頼りにしていました。デイサービスに通い始めてからもヘルパーさんの名前はお義母さんに訊けばわかると安心していた私でした。それでも義母は診断を受ければ、重度のアルツハイマー型認知症と言われていました。私は常にお義母さんはすべてをわかっているという前提で話しかけ、相談し、報告していましたが、現にすべてがわかっていました。孫もひ孫もちゃんとわかっていました。CTをとればもう15年くらい前からアルツハイマー型認知症と、パーキンソン病だったんですけど、不思議ですよね。

1月2日の親族会も予定通りに開催しました。義母が生きている時と同じように。出来ることなら何もかも同じように過ごしたい。そう思っています。


お義母さんはどんな時も良く働いていたなぁとしみじみ思い出に浸り、私ももっと働こう!と決意した新年です。


そして、今日は実母の命日です。
3年前の今日、突然母は他界しました。
母は本当に突然死でしたので、いまだ実感が湧かないくらいですが、母もまた、本当によく働いた人でした。
母は24歳で実の母(私の祖母)を亡くしているので、母親代わりになって私の叔父叔母達の面倒をみてきた人です。最初はおでん屋、次には洋裁店、そして水道工事会社へと、それぞれパイオニアとして築き上げてきた人です。苦労ばかりに見える人生ですが、「お母さんほどの幸せな人はいない」といつも言っていました。
最期があまりにあっけなく、もっと長生きしてほしかったと思いますが、誰にも迷惑をかけず、一度も病気もせず、お産も当日まで仕事をしていて、数日後には仕事を始めるほどでしたから、母らしい人生だったのだと納得するように努めています。


母の命日なんですけど、今週の土曜日は義母の七七日忌納骨法要なので、準備が追い込まれていて、焦っています。

そんな中でも、今日もカップルが誕生したりと、婚活エージェンシーは動いています。


忙しい事は、幸せな事です。
人に必要とされているということ。
役に立てることがあるということ。

どんな時も前向きにいきたいですね。

婚活エージェンシーでは、婚活の新たなスタンダードを目指しています。
〜無料相談受付中〜
【婚活エージェンシー】 http://www.konkatu-agency.com/
【シュミ婚.com】 http://www.syumikon.com/

13466399_891152537673187_6207641108998539350_n.jpg







ラベル:家族 雑談
posted by 株式会社SHIMADA at 23:06| 東京 ☀| 記事:島田彰子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド