2019年09月14日

【私事】争いは嫌ですね

こんばんは。
深夜に失礼します。婚活エージェンシー島田です。
深夜で頭痛がしながらも、今試練を乗り越えている最中です笑
世の中、本当に不条理がありますね。
取るに足りない誹謗中傷。
本来、相手にしないで生きていきたいものですが、
争い事なので、反論をせざるを得ない。

争いというのは人生を疲弊させますよね。
争いは避けたいけれど、あまりの理不尽を放っておくわけにはいかない。
いや、放っておけない理不尽があるというのでしょうか。

私は感受性が強い子供で、中学生時代は問題児でした。
世の中に反発していたというのでしょうか。
いろいろとご迷惑をおかけしました。

自分が正しいと思って世の中を批判したりしたものでした。
本になるようないろいろな経験をしました。
そして、一つの命題に行き着きました。
義務を果たせないものは、権利を主張することはできない。
まずは義務を果たしてから、権利を主張しよう。
そう思いました。

それは、学生であれば勉強をすること。
子供であれば親孝行をすること。
そんなところから入りました。

何か、理不尽だと思う事に遭遇したら、
まずは義務を考える。
義務を果たしてみよう。
そういう考え方になりました。
そうしたら、批判心がすべて消えてなくなってしまったのでした。
それが高校生になった頃でした。

そこから、争いはしたことがありません。
何かと争おうと思った事がありません。
何かを、誰かを、批判する気持ちもなくなりました。

ある意味、ハングリー精神がなくなってしまったのかもしれません。
「普通の人になったね」なんて言われたものです笑
それでも大切な友人と喧嘩になったりはあります。
義母と喧嘩したこともあります。
もちろん夫とも。
それでも、それは批判心ではありません。


数年前に、成年後見制度に怒りを覚えました。
義務を果たして尚、理不尽を許せないと思ったものです。
制度が間違っている!と憤りました。

でも、今ではそれもどうでもよくなりました。
怒りを持続できない人間性になってしまったようです

今、お家騒動の理不尽に遭遇し、善意を仇で返されるという状況になっています。
いわれのない、誹謗中傷
それを丁寧に丁寧に説明し続け、1年半。
何一つ変わらない。

私は怒りを持続できない人間性ですから、何度も平常になるのですが、
善意を尽くしても何一つ変わらない。
本当に疲れます。
通り過ぎてみれば、良いことだらけなのだろうとは思います。
起こっている事柄には何か意味があるはず。
というか、良い意味を自分で与えていけばいいだけです。

きっと皆さんも色々ありますよね。

良い部分にフォーカスして幸せでいましょうね!

婚活エージェンシーでは、婚活の新たなスタンダードを目指しています。
〜無料相談受付中〜
【婚活エージェンシー】 http://www.konkatu-agency.com/


ラベル:家族 私事
posted by 婚活エージェンシー島田彰子 at 04:13| 東京 ☁| 記事:島田彰子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド