2019年11月10日

ご懐妊のお知らせいただきました!!

こんばんは。
婚活エージェンシー島田です。
今日は祝賀御礼の儀で都心はすごい混雑でしたね。
様々な困難を乗り越えられて涙を流された雅子様が印象に残りました。
ティアラ姿が美しかったです。

今日は孫の一人が七五三、鶴岡八幡宮でお祝いをしました。
午前中近所のスーパーに行ったら、23歳になった孫が、髪の毛さらさら艶々スーパーカワイイ彼女と手を繋いでいるところに遭遇
すごく明るい気持ちになりました。

そして、先ほど、またまた「ご懐妊」のお知らせを頂きました。
昨年ご成婚、今年2月に結婚式を挙げられたカップルです。
婚活エージェンシーのパーティーからのご成婚でした。
なんと、14歳差
当時、彼女は32歳、男性は46歳

彼女は婚活も初めて、パーティーご参加も初めてでした。
ですので、マッチング名札にどなたのお名前もご記入されなかったのですが、4名の男性からのオファーがありました。
ご参加前にご記入いただきました自己紹介カードに「お相手のご希望年齢:39歳まで」とご記入されていました。
オファーいただいた男性は39歳(東大大学院卒)、46歳(証券エリート)、48歳(国家公務員)、50歳(大学教授)の4名でした。4名の男性からのオファーをお伝えしたところ、彼女から「初めてのパーティーで緊張していたんですけど、〇様(39歳の彼)は最初同じテーブルでお話ししたので印象に残っています。〇様(現在の旦那様)は、とても楽しそうな方で印象に残っています。ですので、お二人とお会いしてみたいと思います。」とのご連絡をいただきました。

そして、お見合い日程を調整しまして、私がお立ち会い。
「今日お話ししてみて、またお会いしてみたいなぁと思われましたらお電話番号交換になりますので、結果をお知らせくださいね。お二人ともとてもお人柄も良く、もちろん経歴も申し分なく、ただ、〇様は少し年齢は離れていますけどね。見た目では若々しくてすごく楽しい人ですよ。でも、ご希望年齢が39歳まででしたけど大丈夫ですか?」そうお見合い前にお話ししました。
彼女は可愛らしくそれはそれは謙虚な女性で、「そうですよね。お二人とも本当に素敵だと思います。〇様(現在の旦那様)とは年齢が離れていて、お会いするか本当は少し悩んだんですけど、良く考えてみたら、私も年が年ですから、そんなこと言ってはいられないなっと思ってお会いする事にしたんです。」
聞きましたか?婚活女性の皆さま!!!
32歳の彼女が、「考えてみれば、私も年が年ですから、お相手の年齢を気にしてはいられないと思って」そう言ったのです。
純粋なお気持ちですよね。
私にとって、忘れられない発言でした。

まぁそんなんで、彼女は申し分のない39歳男性ではなく、〇様(46歳現在の旦那様)との交際をご希望されました。
お話ししてみたら同郷だったそうで、とても盛り上がって楽しかったそうなんです。
そして、交際はスタートしました。

でも、彼女は保育士さんで、ダンスがご趣味。それはそれはお忙しい毎日を過ごされていました。本当に、日程調整が難しくて、婚活ルールの1週間に1度はお会いして距離を縮める!なんて、全然
ゆったり、ゆったり、交際されていました。
それでも、お相手男性の相談室とは連携しながら、お二人のご縁をお繋ぎしてきました。
彼女は彼を好きでいるな〜というのが伝わっていましたので、私もお二人のペースに合わせてゆったりのんびり見守っていました。良いご縁になりましたのは、男性の担当仲人が敏腕だったからというのもありますね。男性って、区切りを付けるのが苦手だったりするんですよね。
そこで、仲人が道筋を付ける!役割を担っています。それに、交際期間が決まっているというのも大きな役割を果たしますよね。
まぁちょっと長めに交際されましたが、彼からプロポーズをしたい!とのご意向をいただきました。
そして、彼女にそのことを事前連絡(笑)

お受けしたいお気持ちでいました。でも、ご両親がどのように思うか(年齢差がある)心配されていました。
まずはお母様にお話ししてみようと思います、とご連絡があり、どうなったのかな〜と思っていましたら、「年齢?そんなこと気にしていたの?貴方がいいと思う人ならそれが一番よ〜嬉しいわ〜」と言ってくださったそうです。
嬉しそうなそのご報告をいただいて、プロポーズお受けすることを正式決定!!
今年の2月には結婚式を挙げられました。お二人がお幸せそうで、お美しくて、お料理が美味しくて、色々な事に感動しましたが、またまた何よりも、ご両家の本当に素敵なご両親。何度お礼を言われたかわかりません。涙が止まらなかったです。いつも思います。お礼を言うのは私の方です。
私事ですが、義母が亡くなって以降、もう1年半もお家騒動が続き、心ない、本当に心ない人の醜さを味わっています。私に何一つ後悔はなく、自信を持って過ごしてはいますが、こんなにも温かい気持ちになれる特別なポジションを与えられているのだと毎日毎日感謝しています。

お相手相談室の仲人さん(すごく仲良くさせていただいています)と、ベイビーの連絡がないね〜なんて話していたところでしたが、先ほど、とっても美味しい柿の贈り物と共に、ご懐妊のお知らせを頂きました!おめでとうございます!
そして、ありがとうございます!!

婚活エージェンシーでは、婚活の新たなスタンダードを目指しています。
〜無料相談受付中〜【婚活エージェンシー】 http://www.konkatu-agency.com/
ラベル:私事 成婚報告
posted by 婚活エージェンシー島田彰子 at 20:58| 東京 ☀| 記事:島田彰子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド