2019年11月19日

【雑談】大切な方が亡くなるのは淋しいですね

こんばんは。
今日も深夜になりました。婚活エージェンシー島田です。
連日日程が詰まっていて、まだまだ仕事が終わりませんが、すでに頭が働かなくなったので今日の業務は終了しようと思います。明日に持ち越し←更に追い込まれる←でも、集中力ないのに処理するのは能率が悪いからそれで良し

今日は朝から島田家の親戚のおば様の葬儀に参列してきました。
享年81歳。まだまだお若いご年齢ですが、4年ほど前に脳腫瘍を患い入院されていました。私とは親子の年齢差でしたが、とても頼りにしていただいて、15年前にご主人が突然死されたときも、真っ先に私にご連絡がありました。元々とてもお話が好きな方でしたが、特に私とはそれはそれは沢山話しをしました。突然脳腫瘍を患ってからはお会いする事も叶わず、訃報を受けてお線香を上げに伺った時が久しぶりの対面でした。
外見上はあまり変わりなく安らかに、今にも起き上がりそうな表情で、ほっとしました。お通夜の日の明け方4時頃、おば様が夢に出てきて、私に会いに来てくださったんだなぁと、しばらく感慨に浸りました。夢の中でおば様は穏やかな表情で、生前の活気のある、もう機関銃のようにお話をされる方でしたから、そんな雰囲気ではありませんでしたが、穏やかな幸せそうな表情でした。

おば様は親戚でもご近所でも、ご意見番的な存在でしたが、私とは本当に友人のように接していただいて、私が教えていただく立場なのに、頼りにしていただいて、いつも相談事は私にと決めていらっしゃったような感じでしたので、沢山いろいろなお話をしました。なんだか、しみじみ本当に懐かしいというか、淋しいというか、私は恵まれているなぁと思います。私は、若手のお嫁さんというポジションの内から、親戚やご近所のご意見番的な大御所の方々に可愛がっていただいて、お話しするのが楽しくて仕方がありませんでした。
もちろん、最初は大変な事も、逃げ出したいと思う事もありましたけど、そこを抜けた後の楽しさを味わうことが出来た私は本当に恵まれていると思います。

お一人お一人、私がお世話になった、親しくしていただいた方が亡くなっていくのがとても淋しいですね。永遠はないのですから仕方のない事ですが、つくづく寂しい気持ちになりました。

私も日替わりで、やる気に溢れてみたり、虚無感に苛まれてみたりと、モチベーションが上がったり下がったり、ジェットコースターのような日々を過ごしています。

それにしても、今日は朝から親戚の方々と色々なお話をして、充実した一日を過ごすことが出来ました。またまたご一族の仲睦まじく、お人柄が良い人の集まりで温かい気持ちになりました。こんな風にお葬式をしっかり出来る「家」というしきたりはどんどん失われていくのですよね。私が守ろうとしている「家」という考え方はもう通用しなくなるのだろうなと、古い、時代遅れなんだろうと、そんな事を感じました。
「家」を「家族」を「一族」をまとめてきた方達が、お一人お一人いなくなります。だから、もう拘る必要もないのかもしれませんが、私はとても恵まれたところにいますから、できる限り、出来るところまで、「古き良き日本」を守れたら嬉しいと思います。

「進化した伝統復活」が弊社のコンセプト
それが新しくもあるように、今私が遭遇している「お家騒動」も、「一族」という古き良き日本を守りながらも新しい形に落ち着けば最高なんですけどね。難しいのでしょうか。
目標や目的があるということは幸せな事ですよね。

いろいろあっても、前向きで過ごしていきましょう。

婚活エージェンシーでは、婚活の新たなスタンダードを目指しています。
〜無料相談受付中〜【婚活エージェンシー】 http://www.konkatu-agency.com/
ラベル:雑談 家族
posted by 婚活エージェンシー島田彰子 at 01:24| 東京 ☀| 記事:島田彰子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド