2014年11月26日

お見合いの心得

お見合いは人生における素晴らしい出会いの一つです。

今日出会えたことを人生の宝物に出来るように一期一会の心で臨みましょう。


【時間厳守】約束の時間の30分以上は前に到着して余裕を持ってお相手をお待ちしましょう。


【服装】第一印象はとても重要です。

 男性はスーツにネクタイ着用で臨んでください。ハンカチやティッシュを持ち歩くのは常識です。服装の汚れやズボンの折り目、靴の汚れ、爪は伸びていないか、歯の清潔感など、女性は細かいところをチェックしています。優しい人柄は身だしなみにも表れるものです。お相手に失礼のないようにという思いで身なりを整えましょう。

 女性はTPOを心得、スーツのお相手に失礼のないように配慮した格好をしましょう。清潔感が好印象を与えるコツです。華やかでも派手すぎず、露出の多い服装も避けましょう。適度にメイクをしてお相手のために綺麗にするのがおもてなしという思いで装いましょう。


【会話】お互いに挨拶はさわやかに、はっきりと名乗って、会釈しましょう。お互いに簡単に自己紹介し、あとの話題につながるようにしましょう。

 お相手のプロフィールは頭に入れて失礼のないようにしましょう。プロフィールにあるお相手の趣味の話題を調べたり、お見合い場所の近くに関連する施設があるかを調べておいたり、少しでも楽しい時間になるように努めることが、好印象を与えることにもなりますし、自分磨きにもなります。無駄な出会いはひとつもありませんので、たとえお相手を気に入らなくても、「素敵な人だった」という印象を持っていただけたほうが、後に繋がります。

 お見合いに限らずすべてに言えることですが、お見合いは去り際が肝心です。

たとえお相手が気に入らなくても、去り際に、笑顔で快く

『今日はお会いいただきありがとうございました。』『今日は楽しかったです。』と言ってください。

もし、お相手を気に入りもう一度お会いしたいと思ったのでしたら、積極的に言葉や態度で表しましょう。『またぜひお会いしたいのでよろしくお願いします。』『僕からはお断りしませんから、よろしくお願いしますね。』と言ってください。



嫌でなかったら、もう一度会ってみる。そして3回デートする。それでも好きになれないかもしれないと思うのだったらお断りする。断られてもくよくよしないで、割り切ってさっさと次のお見合いにいく。これが良縁を掴むコツです。


【交際】交際期間中はなるべくマメに会う努力をしましょう。

 少しでも相手を理解したいと思えば自然に会いたいと思うでしょう。マメに会う努力をしてもらえないということは好意がないのだという印象を与えてしまうものです。たとえ短い時間しかなくても、会う努力をしてもらえることは嬉しいことです。

「美味しいイタリアンのお店を見つけたので行きませんか?」

「僕はファッションセンスがないので、一緒に選んでもらえませんか?」

「従妹に出産祝いを贈りたいので、買い物に付き合ってもらえませんか?」

話題の映画を観に行ってみるのでもいいし、オシャレなお店を探して誘ってみたり、カップルだから出来ることは沢山あります。相手を楽しませたいという気持ちでチャレンジしてみましょう。

 また早いタイミングで家族に紹介をしましょう。結婚は人生の一大事です。ご家族の冷静な意見を聞くことも必要です。家族に「優しそうな人ね。」「素敵な人ね。」と言われれば、とても嬉しいですね。


結果的に良縁に恵まれればいいのです。

落ち込む出来事もあるかもしれませんが、どんな事も笑顔で乗り越えましょう。


posted by 株式会社SHIMADA at 15:16 | TrackBack(0) | お見合いの心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド