2015年01月26日

お互い交際希望となってからの流れ

一般的な流れです。参考にしてください。

 お互いに交際希望となりました〜交際スタート
 お相手の連絡先をお教えしますので、なるべく早く、男性の方から連絡をしましょう。

まずはお礼から〜『昨日はありがとうございました〜良いお返事嬉しかったです〜』
次に会う約束をしましょう〜今週お会いできる日はありますか?お食事でもいかがですか?
イタリアンがお好きとおっしゃっていましたね?お店を探して予約しておきます〜
最近話題の〇〇に行ってみませんか?
僕はファッションに自信がないので、買い物に付き合ってもらえませんか?

カップルだから出来ることは沢山あります。なるべく多く会う努力をしましょう。
また、早い段階で家族に紹介しましょう。

思いが高まってきたらプロポーズ〜〜
 プロポーズはタイミングも大切なので、エージェントにご相談ください。
お互いに盛り上がって、エージェントなんて必要ない場合にはどうぞお二人にお任せしますよ  

ここまでの平均は3ヶ月です!!本当です。驚きですね〜

これこそ本当に『運命の出会い』だと私は思うわけです。

だって、出会ってから3ヶ月で結婚決められる相手に巡り会うなんて、運命としかいいようがないですよね?

その間平均10回くらいデートされています。


 お二人そろって、手土産を持って男性のお宅に結婚の意志を伝えに行きましょう〜
 これは肝心ですよ。女性のお宅に先に行ってはダメですよ男性のお母さんを立てるようにしましょう。
これから末永く仲良くしていくのですから、良い印象を持ってもらえるように頑張りましょう。
男性は『結婚したい人がいます。彼女のご両親にお許しをいただく前に、お父さんとお母さんに紹介しておきたい。』そう言いましょう。
すでにお相手を紹介している場合には『〇〇さんがプロポーズを受けてくれました。まだ彼女のご両親のお許しはいただいていませんが、その前にお父さんとお母さんに報告しておきたい。』そう言いましょう。
男性主導を感じるとお母様は安心したりします。
ただし、ご両家のお住まいの場所等によっては例外もあります。失礼のないように臨機応変に対処しましょう。


次の週には、手土産を持って女性のお宅に結婚の意志を伝えに行きましょう〜  
 男性は必ずスーツで行きましょうね。第一印象はとても大切です。
女性のご両親を安心させるためにも、誠実な態度で臨みましょうね。
結婚式はあげるのか否か、住居について等、一応のプラン(希望)は立てておきましょう。

 
 いよいよ、新生活に向けての相談をしましょう〜
  • お互いの両親の顔合わせの日取り
  • 結婚式の日取り、場所、招待客、結婚式場の予約
  • 婚約指輪、結婚指輪探し
  • 結納の日取り(結納の場所等の費用は女性側が負担します)
  • 新婚旅行の予約 
  • 新居についての相談 等々

お役に立てることがいろいろありますエージェントにご相談ください。

posted by 株式会社SHIMADA at 13:22 | TrackBack(0) | 交際から結婚までの流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド